打ち止め

昔パチンコ店には、打ち止めと開放という概念があった。 羽モノなど一部の台の釘調整を甘くして入賞しやすくしたもの。 出玉が予定数に達すると打ち止めとなり、抽選などで希望する他のお客さんに打たせる業態。 打ち止め台は開放台の札を刺されるが、何故か打ち止め回数が上がっていくと入賞しづらくなる事があった。 台の寝かせや玉の打ち出しスピー…
コメント:0

続きを読むread more

日本ダービー2019終わって

終わってみたら予想は大外れ。 ダントツの一番人気サートゥルナーリアは4着に敗れた。 さて、クラシックレースの予想において参考にしている要素が二つある。 1.そのレースまで何戦したか。 2.新馬戦を勝ち上がっているか。 使いすぎていないかをチェックする。 日本ダービー参戦なら5走以内がベスト。 新馬戦を勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優勝戦は1コース

勝ち上がってきた選手の筆頭が優勝戦の1コース。 他の選手に後れを取るはずもない。 1着固定で厚めに勝負。 どうしても不安なら表も裏も買えばいい。 波乱があるなら、準優勝戦で外から強気に勝ち切った選手。 無視はできない。 準優勝戦がない場合は何に注意するのか? モーターに注意する。 良いモーターの感触を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨戦は阪神から東京が良い?

NHKマイルカップ、アドマイヤマーズ優勝おめでとう。 結果から察するに、臨戦は阪神から東京が良いのだろうか? 決め手を持った馬が、前走阪神コースで凡走しても直線が長く坂の緩やかな東京コースで活躍できる 事が今回の2着馬ケイデンスコールと3着馬カテドラルから見て取れる。 余談だが、2着馬ケイデンスコールは優勝したア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

競馬の予想をする

大きなレースで予想をするとき、どうしても外せない要素がある。 調教 せめて最終追いきりは騎手が乗り、馬也で調子を確認。 強い馬だとしても、これがないと不安で買えない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打ち止め

パチンコ店には『打ち止め』と『開放』という概念があった。 その他にも『無制限』とか『一回交換』や『ラッキーナンバー』など大当たり後の出玉での継続遊戯にもルールがあった。 かつては店員がその都度処理をいていたのだが、いつしか無制限営業が当たり前になりなくなってしまったように見える。 しかし、これらの処理が機械的に処理する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブルをするなら

全てのギャンブルに共通して言えることは、 狙い目と止め時が明確でないものには手を出してはいけないという事。 競馬や競艇なら手当たり次第に全レース買っていては絶対に儲からない。 その日開催されるレースの中で数レースに絞り、買ったレースは絶対に的中させる事。 パチンコなら、狙う店、狙う台を決める。 止め時の分らない台に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速馬場に懸念

アーモンドアイが制したジャパンカップの時計が速すぎると競馬関係者が次々コメントを発した。 競走馬にかかる負担、余りの高速馬場に世界競馬からの孤立など。 技術を惜しみ無く発揮する日本競馬の馬場管理が裏目に出てしまうのか。 いや、それに適応する種牡馬が作られていく過程であるのか。 いずれにしても、独自路線を突き進む日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇賞(秋)2018

人気のスワーヴリチャードが敗れ、レイデオロが勝利。 先週に続いてルメール騎手が勝った訳だ。 日本人騎手には勝機はなく、自在に馬を操り馬主や調教師からの制約を受けない外国人騎手の独壇場である。 そんな中、Mデムーロ騎手の不調。 馬券を考えれば、そこにこそチャンスはあった。 この二人の実力が明白である以上、あとは馬の調子次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more