打ち止め

昔パチンコ店には、打ち止めと開放という概念があった。
羽モノなど一部の台の釘調整を甘くして入賞しやすくしたもの。
出玉が予定数に達すると打ち止めとなり、抽選などで希望する他のお客さんに打たせる業態。
打ち止め台は開放台の札を刺されるが、何故か打ち止め回数が上がっていくと入賞しづらくなる事があった。
台の寝かせや玉の打ち出しスピードが変えられる仕様だったらしい。

現在はどうだろう?

全台無制限で台の移動も当たり前では、お店はお客に何の制限を課すこともできず利益を上げるのも難しいのではないだろうか。
今でこそ等価交換の店は少なくなったが、お客ばかりが有利な条件ではパチンコ店の経営は苦しいばかりだ。

以下は推測による仮説です。

それで、管理コンピュータにより打ち止めや開放を自動で制御する事が必要となったのではないのだろうか。
パチンコを打っていて突然回らなくなったり、パチスロを打っていてサッパリ小役が落ちなくなったりするのは出玉を管理しているコンピュータの制御によるもので、大ハマりや大爆発が起こり緩急をつける事で結果として打ち手の射幸心を煽る。
パチンコ店は安定的にその日の売り上げや利益を確保する。
そうでもしなかったら大型店の経営などできるはずもないと思う。
なので、出す操作はあっても出さない操作はないと考える。
出ないのはその日あらかじめ決まっている事なのだ。


当然お客がいつも負けていたら来なくなってしまうので日によってはお店が損をする日も予定しておく。
それがかつてのイベントデー。
今は広告を出したり宣伝したりできなくなっているようだが、一部の店舗では来店客に教えてくれたりするようだ。

パチンコ業界も最盛期に比べて売り上げは半分以下といわれていて、ゆえにお客が勝つチャンスもお店の儲けも少ない。
静かに衰退していくエンターテインメントである。
そこが公営ギャンブルと大きく違うところ。

とはいえ、プロと呼ばれる人達が存在するのも確か。
何が違うのだろう。
運が良いのか?

一般客との大きな違いは、お店の見極めとデータ収集力。
どの台が強いのか、どの日が強いのかを見極めて、知識と技術で勝つ。

相手がコンピュータなら、それを攻略しているといっても過言ではない。
設定された割数とお店が出したい台を予測判断して実行しているのだ。

パチンコで勝ちたかったらそれぐらいやらないとだめなのだ。
ちなみに、プロの方たちが儲けた分は他のお客が負担することになっている。
それが、勝てないパチンコの正体だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント